▲一番上に戻る

TOP

新年のあいさつと「35サポネット」の今後について

あけまして、おめでとうございます。
今年も「みんなの実家」子育て交流サロンのご利用をお待ちしています。
さて年明け早々の本日より1ヶ月、新型コロナウィルスに対する緊急事態宣言が発令されます。
昨年2月末の発令では、サロンを含む子育て関連施設は全面休止、公園の遊具もテープでグルグル巻きになりました。子育て中のママにとっては負担が激増し、悲しい何ヵ月かを過ごしたことが、まだ記憶に新しいです。
今回も、そうなったらどうしよう…と心配される声が多々寄せられています。

本日、1月7日(木)現在はサロン休止指令は出ていません。1/4の仕事始時に荒川区に確認したところ、その方向ではない、とのお返事で胸をなでおろしていました。

しかし、この感染拡大の激増に対応して、厳しくなることも予想されます。事実、ゆいの森のサロンや一時預りは2月まで休止と、昨日発表されました。
また、やっと実施予定が立てられた今週末からのサポネットボランティア分散研修(4部に分けて)も急遽中止。超分散=個別研修に切り替えることにしました。

ゆるい対策では感染の広まりはおさえられないだろう、とは感じますが、子育て中の親子の行き場が全くなってしまうのは、本当に辛いです。

そうなった場合はどうするか、少しでも手助けできることはないだろうか、と模索中です。
訪問事業の応用、休止中でのサロン利用の裏技、などなど、前回と同様の対策も考えています。

こんな中で大変な思いをして出産、育児をスタートしている母子たちを、何とかサポートできないか。クサクサしても仕方ないので、前向きに取り組むしかありません。サポネットも子育て中の皆様の声を行政に伝え、何とか知恵を絞りあいたいです。 ママパパたちも、これでは困る困るという声を発していきましょう。 とりあえず、最新情報をこちらにアップしますので、お待ち下さいませ。