家庭訪問支援
産後すぐから育児をお手伝いします
子育て交流サロン
「実家」のようにくつろげて困った時に助け合える
ちょこっと一時預かり
育児中だけど、ちょっと息抜きしたい。
そんな時には、赤ちゃんをちょこっと預けてみませんか。
Scroll

赤ちゃんが生まれたご家庭に、首都大学東京の学生ボランティアと地域ボランティアが 育児のサポートにお伺いいたします。

サポート対象 出産後から生後6か月(原則)までの赤ちゃんがいて、育児の手助けが必要なご家庭
利用時間・回数 原則、平日の朝9時~夕方17時まで
週1回2時間
事情により最大週2回4時間まで
利用料 1回2時間 派遣ボランティア1名につき500円 → 最終利用時に回収
(事情による時間外利用はこの限りではありません)
サポート内容 赤ちゃんのお世話
赤ちゃんの沐浴や周辺のお手伝い
通院や外出の同行(交通費発生時は利用者負担。区外現地集合の場合は、ボランティアの移動時間も含まれます。)
上の子と室内での遊び相手
短時間の赤ちゃん見守り(1時間以上は要相談)
ちょっとした家事のお手伝い(調理を除く)
話し相手、相談相手
NG 調理に関する活動
処方された薬の塗布や投薬
赤ちゃんの爪切り
上の子も一緒の見守りや自転車での移動
その他安全性が担保できない活動

子育て交流サロンとは

小さいお子さんを育児中の親子が、「実家」のようにくつろげて困った時に助け合える居場所、 そんなコンセプトから生まれた子育て交流サロンです。
学生から高齢者まで多世代のボランティアが見守っている、特色あるサロンです。生後すぐから低年齢の赤ちゃんを連れた親子がたくさん利用しています。また、訪問支援活動をしている顔見知りの地域・学生ボランティアもいます。初めてのお出かけにも安心しておいでください。

子育て交流サロンの様子

イベント情報

季節ごとに特色ある行事や「ハーフバースディ」「マタニティクラスプログラム」など、赤ちゃんの多いサロンらしいイベントが開催されます。ご参加お待ちしています。

Instagram

利用者の声

小さい赤ちゃんの利用が多くて、初めての利用でも安心でした。

他のママから病院や保育などの口コミを聞くことができ、参考になりました。